FXで儲けるための情報!このサイトは、佐野裕さんの 先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版の口コミ 感想 内容などの情報を公開しています。

投資手法の選択・FXとは

投資手法の選択・FXとは


ここでは将来に備える投資について、
安全性と利益のバランスについて考えを進めていきたいと思います。


投資活動の中ではよく、
リスクとリターンの関係ということがいわれます。


自分に合った投資、自分にとってバランスの良い手段を選択する時、
どの程度損失を被る可能性があり、その程度利益を得る可能性があるか。


銀行に地道な預金をして利息分を積み上げていくのは、
金融機関が破たんした場合でも
預金は保護されるため安全性が高いものです。


しかし前回にもふれたように、
ここでの積立に付く利息はごくわずかです。


これをローリスク・ローリターンと分類してよいでしょう。

危険性と利益とがともに低いところでバランスを取っているものです。


これに対して、株式投資はハイリスク・ハイリターンとなります。


配当や株主優待を目当てにするのでなく、
株価の上昇下降を観測しながら売買して利益を得る手法ですので、
株価の上昇局面では保有株の値上がりにより、大きな利益がとれます。


しかし、その反面に株価の下落・低迷が続けば
購入代金を回収できなくなり、
企業倒産で価値ゼロになるなど、
大きな損失になる可能性も高いものです。


信用取引を導入することで、株価の下落局面に信用売り(空売り)を
掛けて値下がりするほど利益を得る手法も可能ですが、

空売りした株が高騰した場合には
損失も青天井で無限大になる危険性も高まります。


そうしたことから
株式投資はハイリスク・ハイリターンな投資手段とされています。


そして預金と株式との中間にある、
ミドルリスク・ミドルリターンなものとして
取り上げられるのがFX投資です。


FXとは“margin Foreign Exchange trading”
(外国為替証拠金取引)という用語の略称です。


為替(かわせ)とはある国の通貨と、
それと同等額になる保証物とを交換することといってよいでしょう。


これを二つの通貨、たとえば日本円と米ドルとの
次々刻々変動している為替レートの波に乗り、

円高の局面では円売りドル買い(円をドルに交換)をおこない、
円安ではその反対をおこなえば為替レートの差から
利益を得ることができます。


また金利の安い通貨を売り、
金利の高い国の通貨を買って保有することで
金利の差(スワップポイント)から発生する利益を得ることもできます。


さらに、証拠金取引とはレバレッジ(てこの原理)によって、
用意した証拠金の何倍もの金額を取引することが可能です。
(これには大きな損失のリスクがありますが)


FXという制度が日本で一般化したのは1998年の外為法改正によってです。

この時以後、FX取扱業者も増加し、急速に普及してきたものです。


それでは、このFXについて、
さらに掘り下げてお話を進めていこうと思います。

>> FXはむずかしい?



もう待ちきれない方は、こちらをご覧ください。

>>先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】




a:1251 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional